スパトレ体験談

NativeCampでオンライン英会話に挑戦

スパトレで神教材DUO 3.0を使ったシャドーイングの体験記

読了までの目安時間:約 11分

 

duo3.0

 

スパトレ(SPTR)という激安のオンライン英会話スクールで「DUO 3.0」を使ったシャドーイングレッスンを受けるようになった経緯は最安値のオンライン英会話スパトレ(SPTR)を体験してみました。に書いたとおりです。

 

恥ずかしながら私は知りませんでしたが、「DUO 3.0」は受験生や社会人に大変人気の英語の参考書でした。

 

「DUO 3.0」は英単語や熟語を効率よく記憶できるようにたいへんよく工夫されています。

 

具体的に言えば、560本の例文を覚えるだけで重要単語1600語と熟語を1000個を重複無しで覚えられるというものです。最初の頃のDUOの例文は単語や熟語を無理に詰め込んで不自然なものも多かったようですが、3.0ではかなり改良されて自然な英文ばかりです。

 

weblioの単語テストでは英検1級やTOEIC満点レベル以上のの単語力はあるのですが、結構知らない慣用句がありました。特にかんたんな単語の組み合わせの慣用句です。たとえば、「I'll see to it.(きちんとやっておきますよ)」なんかも知りませんでした。海外ドラマや洋画のセリフを聞き取れないのはおそらくこのあたりの語彙力がまだ足りていないのだと思いました。

 

スパトレの初回の実力テストの結果、この教材を使ったシャドーイングのレッスンを提案されたので使ってみることにしました。

 

1回(25分)のレッスンで1SECTIONの進行スピードです。1SECTIONには2行程度のセンテンスが10個ほどなので毎日の予習もそれほど負担になりません。全部で45 SECTIONあるので1ヶ月半で終わる計算です。たくさんの科目を勉強する必要のある受験生にもおすすめです。

 

シャドーイングをしながらの「DUO3.0」のレッスンは一人で暗記するよりも断然効果的ですよ。

 

私の予習方法

 

「DUO 3.0」の例文はそれほど長くないので聞いて理解する分にはなんとかできます。1回目で聞き取れなくてもテキストを見て知らなかった単語の意味を把握すればだいたいわかります。

 

それでも音だけ聞いてリピート(シャドーイング)しようとするといくつか単語が飛んでしまったり、少し長めの文の場合には文の後半に意識を集中していると出だしを忘れてしまうこともあります。

 

また、予習の段階で完璧と思っていてもレッスン中ではちょっと緊張してしまったりしてうまくできないこともありました。

 

一回、結構完璧に予習をしたにも関わらずしどろもどろになってしまった時がありました。そのときは使用しているWi-Fiルーターの充電がレッスン直前に切れて焦ってしまったのでした。※このルーターは電源に差してもすぐには使えず15分程度充電する必要があります。

 

その時講師の方からあまりに私のシャドーイングがひどかったので勉強法を伝授されました。

 

自分の声を録音して聞く方法を勧められました。

 

自分の声を録音して聞くことは講師も奨める効果的な方法

この自分の声を録音して聞く方法は複数の講師から勧められたので英語学習ではよく用いられる定番の方法のようです。

 

日本ではあまり推奨されているのを聞いたことがありませんが、56才でも英語のテキストを1ヶ月でまるごと一冊暗記した方法とは?に書いたように英語ペラペラの方も推奨していて私自身も効果を実感している方法です。

 

ただ、少し面倒なのでついついスキップしてしまいます。

 

絵があると断然覚えやすい

また、アラカンでも英単語の語彙力を大幅にアップさせた方法とは?で書いた絵を使った単語を覚える方法(絵単語帳を作る)も「DUO 3.0」の例文暗記に応用しています。

 

もしかしたら、絵の効果がそんなに凄いと信じられない方もいるかも知れません。私も最初はそれほどイラストのある無しで覚えやすさが変わるとは思っていませんでした。

 

しかし、一部の単語だけにイラストが付いていた「英単語連想記憶術」という単語帳を使ったときにイラストの威力を思い知りました。圧倒的にイラストの付いていた単語が覚えやすいのです。これは同じ単語帳を使っていた友人も言っていたのでまちがいありません。

 

したがって、苦もなく単語を覚えることができる人以外は少し面倒でも「絵単語帳」を作ることをおすすめします。

 

DUOの英文には次のように応用しました。

 

81.僕の案を支持してくれる人は最初はだれもいなかったけれど、最終的にはみんなを説得して賛同してもらうことができた。
No one backed me up at first, but eventually I talked everyone into going along with my plan.

こんな画像を使って絵単語帳のようなものを作っておくと非常の覚えやすく忘れにくくなります。ファイル名はDUOの英文に振られている番号にしています。見直すときにすぐ調べられます。
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0129/9602340722/miyasako100man_thum800.jpg
この画像の下に余白を作って番号、日本語訳、英文を書き込みます。全部入力するのは手間なのでこちらのサイト↓
https://quizlet.com/21285230/duo30-section-18-%E8%A6%8B%E5%87%BA%E3%81%97%E8%8B%B1%E6%96%87-flash-cards/
からコピペしました。最初著作権的にどうなのかな? と思いましたがちゃんとしたサイトっぽいのでおそらく許可を取っているものと思われます。

 

自分の声を聞く方法もかなり強力なので絵と自分の声、両方を融合させたビデオを作って学習しています。ビデオはBANDICAMの無料版で作っています。無料版でも10分までのビデオを作ることができます。

 

1セクションずつ作るので1ビデオ3分ほどで終わります。

 

絵が有効な理由は絵を一瞬見た(あるいはイメージした)だけでどういう内容のセンテンスかをすぐ思い出せることです。まず頭で英文を作る以前にその内容を忘れてしまっては当然ながら英文は作れません。

 

絵があると内容は考える手間がいらず一瞬で分かるのでワーキングメモリーを英訳することにだけ使うことができ英作文が容易になります。

 

DUOに出てくる程度の英文を聞いただけで本を見ないですぐシャドーイングできる人ならこのようなことはする必要ないと思いますが、私のように容易にシャドーイングすることに手こずる人はこのように英文を暗記してからレッスンに臨むほうが効果的です。

 

※シャドーイング時は本を見ないことが推奨されています。

 

具体的な予習の手順は次のとおりです。

 

まず最初に、絵センテンスを作る復習用のCDで音声を聞きます。なんて言っているのかなるべく理解できるように耳を凝らして聞きます。

 

あらかじめ作成しておいた「絵センテンス」をペイントで開いておきます。「絵センテンス」にはそのセンテンスをイメージしやすい絵と英文と日本語が載っています。

 

通常は音声を聞いたあとこの「絵センテンス」を見て確認するだけですが、単語やイディオムで曖昧なものがあれば本で詳細を調べます。

 

そしてその英文の中からキーとなる熟語や単語で画像検索して適当なイラストや写真を見つけます。詳しいやり方はこちらを参照してください。

 

一瞬、絵を見ただけで英文が言えるようになるまで練習します。自分の声で録音したものとCDの音声を聴き比べシャドーイングします。

 

それでもなかなか覚えられないセンテンスは、自分の声、CDの音声、Google翻訳に入れて違う音で聞いてみると不思議と覚えやすくなります。

 

スマホに入れておけば通勤通学の時間にできて時間を有効活用できます。

 

ギガ使い放題の方はグーグルドライブに入れておいても良いでしょう。

 

DUOをお使いでなかなか例文や単熟語を覚えられないでお困りの方はぜひ試してみてくださいね。ただ、読むよりも格段に覚えやすくなること請け合いです。

レッスンの受け方

私の場合まだまだ、言いたいことがうまく出てこないことがあるのでブラウザを立ち上げてGoogle 翻訳のサイトを開いておきます。こうしておけばうまくいえないときでもjust a moment pleaseと言ってすぐ調べることができます。

 

それと先に書いた方法で作成した画像つき例文をペイントで開いておきます。そうすればタスクバーに表示されているペイントのアイコンにマウスポインターを持っていくとかんたんに例文を見ることができます。

 

レッスン中にちょっと参照したくなったときにも本を開くよりも断然速いです。

 

スパトレ    コメント:0

この記事に関連する記事一覧