NativeCampでオンライン英会話に挑戦

NativeCampでオンライン英会話に挑戦

アベンジャーズ,#EndARelationshipIn4words

読了までの目安時間:約 7分

 

 

タイトル:アベンジャーズ(Marvel's The Avengers)
出演: ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク / アイアンマン)、Stark赤地に金の模様

 

クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース / キャプテン・アメリカ)

 

マーク・ラファロ(ブルース・バナー / ハルク)怒ると緑の怪力の巨人(ハルク)に変身する。

 

クリス・ヘムズワース(ソー)、巨大な鋼鉄の鎚のような武器を持っている人。

 

スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ)、女スパイ、色っぽい。日本語吹き替えでは米倉涼子。

 

ジェレミー・レナー(クリント・バートン)、弓術の名人、日本語吹き替えでは宮迫博之。最初、ナターシャと戦っていたので敵かと思ったが、ロキに操られていた。

 

トム・ヒドルストン(ロキ)、地球侵略を企む悪役。

 

クラーク・グレッグ(フィル・コールソン)、ロキに新兵器で挑むがあえなく負ける。

 

コビー・スマルダーズ(マリア・ヒル)

 

ステラン・スカルスガルド(エリック・セルヴィグ)、ソーの友人の天体物理学者。

 

サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)、S.H.I.E.L.D.長官。吹き替えを竹中直人がやっているが、容貌もそっくり。

 

監督:ジョス・ウェドン
脚本:ジョス・ウェドン
原作:ケヴィン・ファイギ
公開日:2012年05月04日(アメリカ)

 

いろいろなヒーローが手を組んで悪者から地球を守るというヒーロ物が好きな方には垂涎の作品。

 

登場人物も多く、それぞれのヒーローについての知識がないと詳しい内容はわからないのではないのでしょうか? それでも映像が迫力あるので見ていて楽しく正義の味方が悪いやつから地球を守ってくれてめでたしめでたしでした。ヒーロー物はあまり好みではないのですが、先日の「世界へ発信!SNS英語術」によると「アベンジャーズ」くらい知っておかないと彼女に振られちゃうらしいので見てみました(笑)。

 

アメリカでは4語でのツイートが流行っているようです。その中に

 

#EndARelationshipIn4words
「関係を終わらせる4ワード」というのがあってそのなかのツイートの一つとして
「Is Batman an Avenders?」
「バットマンってアベンジャーズなの?」
というのがありました。

 

最初、司会の加藤綾子さんも何のことかわからないようでしたが、これは「アベンジャーズ」について知っていないとさっぱりわかりません。「アベンジャーズ」にはいろいろなヒーローが出てきますがバットマンは出てきません。

 

というのは、アベンジャーズにはマーベルという漫画本の出版社から出ているヒーローしか出てこないのです(いまのところ)。オリジナルのタイトルも『Marvel's The Avengers』となっています。

 

バットマンやスーパーマン、ワンダーウーマンはDCという出版社から出ています。

 

こういうことはアメリカ人には常識なので「バットマンってアベンジャーズなの?」なんて言っていると「こんな非常識な人とは付き合ってられないわ!」と振られてしまうそうです。

 

「世界へ発信!SNS英語術」に出演者しているアメリカ生まれのG・カズオ・ペニャさんが言っていました。まぁ、でも鳥飼玖美子先生も知らなかったので日本人なら知らなくてもいいかな?

 

覚えておきたい英語表現

 


1:34:11
I've been compromised.
過去を暴かれたの。
過去を知られた(字幕)

 

compromiseは妥協するという意味が一般的ですが、
(秘密情報を)洩らす、暴露する
という意味もあります。

 

13:58
ナターシャが椅子に縛られて3人の男から尋問されている場面
I'm in the middle of an interrogation.
「今尋問の真っ最中なの」
interrogation,尋問、取り調べ

 

このあとナターシャは椅子に縛られた状態から男3人をあっという間に片付けます。

 

何も知らない私は思わず
「Is Natasha a Wonder Woman?」
と「関係を終わらせる5語」をつぶやいてしまいました。

 




本ページの情報は2019/05/12時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

映画de英語    コメント:0

この記事に関連する記事一覧