NativeCampでオンライン英会話に挑戦

NativeCampでオンライン英会話に挑戦

聖書のすすめ

読了までの目安時間:約 4分

 

英語でハッとする聖書の話

『英語でハッとする聖書の話』石黒マリーローズを読んでみました。

 

聖書はかつて分厚いちゃんとしたやつを知り合いからもらったことがあるのですがほとんど読みませんでした。やはり、最初のハードルは低いほうが良いですね。

 

『英語でハッとする聖書の話』は一話一話がコンパクトにまとまっていて読みやすく手っ取り早く聖書の概要を知ることができる良書です。

 

キンドル版がオススメ

『英語でハッとする聖書の話』は少し前にAudibleに1ヶ月無料お試し入会した時に知りました。ただ、Audible版は英語の朗読のみで日本語はありません。

 

平易な英語で発音も聞き取りやすかったのですが、私の実力ではまだ音声だけではもやもやが残りましたので今回書籍(キンドル版)を買ってみました。

 

やはり、文字で読むと音声だけより断然わかりやすいです。キンドル版でも音声をダウンロードできるのでオススメです。ただ、本に出ているダウンロードページは変更になっているようです。

 

アルクに問い合わせた所正式のページを教えてくれました。

 

『英語でハッとする聖書の話』はKindle Unlimitedにもありますので無料お試しも出来ます。

 

やはり聖書は早い時期に読むべき

 

そして予想はしていましたが「これも聖書から来ているのか?」と沢山の驚きがありました。例えば「放蕩息子prodigal son」、私は、競走馬の名前から英語を知りましたが、馬名はおそらく聖書からとったのでしょうね。

 

また、つい先日やっていたTVドラマ「カインとアベル」も聖書を題材としていたのですね。知っている人はしっている有名な話なのかもしれませんが、私はタイトルさえ知りませんでした。コマーシャルで流れていた番宣のタイトルだけは知っていました。

 

その他にも映画『エデンの東』やアニメ『エヴァンゲリオン』など聖書を知っているとより深く分かる作品が数知れずあります。

 

したがって、聖書をできるだけ早い時期に読んでおくことは大変メリットが大きいです。しかし、最初から分厚い聖書を読もうとすると私のように全く読まないことにもなりかねませんので『英語でハッとする聖書の話』のようなダイジェスト版から入るのが良いと思います。

 

漫画もオススメ

 

最近では、漫画版の聖書も多数出版されているので漫画で読むのも一つの手です。やはり、漫画だと理解しやすいですからね。

 

ただ、バイリンガル版の聖書の漫画は今のところないようなので英語学習という観点からすれば『英語でハッとする聖書の話』が良いように思います。

 

石黒マリーローズさんの文章は大変分かりやすいです。続編も是非とも出してほしいと思います。『英語でハッとする聖書の話』を読むともっと聖書を読みたくなります。

 

書籍    コメント:0

雑誌プレジデントの英語特集

読了までの目安時間:約 8分

 

PRESIDENT

雑誌の『PRESIDENT』では定期的に英語の特集を行いますが今号もそうです。新年度ということもあり心機一転再チャレンジという人も多いのでしょうね。

 

面白かった記事、ためになりそうな記事をピックアップしてまとめてみました。

 

今号のプレジデントの表紙は[世界が証明、1500単語で大丈夫]とか「中学英語でペラペラ話す」などと誰でもやる気が出るようにハードルを下げているように思われました。

 

しかし、実はこの表紙のフレーズはどちらもあのソフトバンクの孫正義氏の英語のことを言っているのでした。

 

中学英語で世界と渡り合う孫正義

 

ソフトバンクの社長室長の三木信夫氏によると、孫社長のアメリカ商工会議所でのプレゼンを分析した結果、使っている単語も熟語も文法もほぼ中学で習う範囲の英語であることがわかったそうです。

 

YouTubeにも動画がありますが確かに話している言葉はほとんど容易に分かる単語です。

 

それでも、幼稚に見えないような戦略はしっかり立てられているようです。たとえば「冒頭で必ずテーマを設定する」「力強くOKと言い切る」「no longerで変化を強調する」「ときおり疑問形を使い聴衆を巻き込む」などです。

 

ただ、自分から話す単語は中学程度でも相手の言っていることを理解しなければならないので知っている単語は1500語よりもはるかに多いでしょう。また、単語自体は易しくても言い回しは中学レベルでは全て理解するのは困難と思われます。

 

NHKの「しごとの基礎英語」でも単語自体はほとんど知らない単語は出てきませんがなかなか格調の高い英文を大西先生は作っていますね。いくら単語だけ知っていてもなかなかあそこまで出来ません。

 

したがって英語学習にとって単語は重要だけれどもそれだけではないということが分ります。単語の詳しい用法を知ることが必要です。

 

いろいろランキング

 

人気のテキスト、著者、スクール、ラジオ、テレビ講座、英語学習アプリのランキングが掲載されていました。

 

人気テキストランキング

上位人気のテキストはTOEIC系のものが4つと私は持っていないけど有名な単語集の「DUO3.0」でした。やはりTOEICは人気ですね。英検はどうしてイマイチ人気でないのでしょうか? 英検もそんなに悪くはないと思いますがやはり面接があるのでTOEICの方が受けやすいのでしょうね。

 

著者ランキング

 

著者のランキングでは私が知っている中では「しごとの基礎英語」に出演中の大西泰斗先生が4位にランクインしていました。顔と名前だけ知っているひとではCMで見たことのある安河内哲也氏が2位でした。

 

1位の中村澄子さんは知りませんでしたが「TOEIC千本ノック」という人気の書籍の著者のようです。買ってみたくなりましたがまだ「TOEIC公式問題集」使い倒していないのでこの問題集がらくらく全問正解できるようになるまでおあずけにします。

 

オンライン英会話

 

オンライン英会話ではDMM英会話が相変わらず強いですね。当サイトイチオシのNativeCampはランキング外でした。

 

AEON、レアジョブ、ECCといったネームバリューのあるところは強いですね。メイプル超合金のカズレーザーが受講料を聞いて即座に「安い」と叫んだNativeCampですがまだまだネームバリューはないようです。

 

まぁ、でも個人的には「知る人ぞ知る」優良オンライン英会話スクールだと思っています。

 

テレビ・ラジオ講座

 

テレビ・ラジオ講座の方も私のイチオシの「しごとの基礎英語」がランキング外でした。ホラン千秋さんのアキをダシにしたミニコーナー「恋愛に使える基礎英語(c)」では毎回爆笑させてもらっていました。アキの逆襲も見ものです。4月からは再放送なので見逃した方は要チェックです。

 

ラジオ講座の方が人気のようですね。テレビのほうは「ニュースで英会話」と「大人の基礎英語」がランクインしていました。

 

アプリ

 

アプリは「NHK WORLD JAPAN」というのが17ヶ国のニュースと番組が聴けて人気のようです。これ以外は全てTOEIC関連のアプリです。TOEIC強しですね。

 

超失礼な学校英語フレーズ30

 

タイトル通りの記事ですが私自身オンライン英会話でよく使っているフレーズが2,3ありました。

 

Long time no see.→It's been a long time.
長期でオンライン英会話をしているとご無沙汰の先生も出てきます。

 

Once more,please.→Would you say that again please.
ちょっと長いですね。よく使うのでもっと短くて丁寧な表現ないのかな?

 

I don't know.→I really don't know.
これは自分でも疑問をもって使っていましたが一応、通じていて何も言われないからいいか? と思いながら使っていました。reallyを入れれば良いのか? 早速使ってみよう。

 

伝わるだけの英語から徐々に失礼のない美しい英語を目指したいものです。

 

その他

その他の記事では、TOEICのレベルごとの学習法がそれぞれ別の講師が独自の勉強法を紹介していて参考になります。

 

その中でやってみたいと思ったのがTEX加藤さんという方が勧めていたシンクロリーディングです。TOEICの公式問題集のCDを聴きながら同時に自分でも発音して完璧に一致するまで何度も繰り返すという方法です。英文を聴いておおよその意味を知るのではなく一言一句正確に聞き取ることが大切です。これはネイティブキャンプのTOEICのレッスンにもあり良いレッスンだと思いました。

 

あと、「お金をかけない英語習得術」というのが紹介されていました。ひとつは協会で無料で英語を教えているところがあるそうです。記事を書いた人が体験レポートしていますが信者になるように勧誘されることはないようなのでその点は安心です。

 

その他にも「へぇ~」と思える方法が2つほど掲載されています。

 

このように今回のPRESIDENTは英語学習に役立つ記事満載で充実した内容となっています。アマゾンでも「人気」となっているので売れているようです。

 

いかがでしたが? 気になる記事がありましたら是非書店で手にとって見て下さいね。

 

ではまた。

 

書籍    コメント:0

『不思議の国のアリス』で英語を学ぶ人のためのお奨めの解説本

読了までの目安時間:約 6分

 

アリス本

さすがに名作だけあって沢山の解説本が出ています。これだけあると選ぶのが大変です。そこでレビューを参考にするのですが読むのも一苦労です。

 

アマゾンのレビューは意外と甘口のような気がします。まあ、辛口で書くのは勇気がいりますから分からなくもないですが…。アマゾンでは各レビューに対して賛成票と反対票を投じることができるようになっています。そして以前は、賛成も反対も表示されるようになっていましたがいつの頃からか賛成しか表示されなくなってしまいました。

 

これによってレビューの信ぴょう性が落ちてしまう残念な変更でした。やはり、ネガティブなレビューは売上に悪影響があるのでしょうね。

 

それでもやはり、レビューは気になって読んでしまいます。『不思議の国のアリス』の解説本はなんだかんだと3冊も買ってしまいました。

 

最初に買ったのは

 

これは最初に買ったアリス関連の本ですがどちらかと言えば失敗でした。完訳ではなく難しいと思われる単語やフレーズにルビが振ってあるという注釈本です。当然ながら「難しいと思われる箇所」は人によって違うのですべての人に満足してもらうことは不可能です。

 

レビューによると概ね好評でルビの数もちょうど良いという意見が多いです。読む人のレベルにもよりますが個人的には少し少なく感じました。

 

それと何と言っても文字が小さすぎます。本文はまだしもルビは極小です。まだ私の老眼は軽いほうなのでなんとか読めますがもう少し進んだ方ですと老眼鏡なしでは読むのは困難でしょう。

 

次に購入したのは

です。

 

この本は訳や文法の説明も詳しくて理解度をチェックするための練習問題もあって気に入りました。

 

しかし、CHAPTER 2のThe Pool OF Tearsまでしかありません。これも買う前には気づかずに大失敗でした。

 

そして3冊目は

です。

 

これは当たりでした。3度めの正直ですね。完訳で注釈も詳しく文法の説明もわかりやすいです。音声も付いています。音声はChapter 1~VはCDで残りはダウンロードする形式です。朗読は「Amazon English」の方が感情豊かで秀逸ですがこれでも十分です。また、挿し絵もそこそこ豊富にあってジョン・テニエルの独特の絵を楽しめます。
※音声のダウンロードサイトは現在はアクセス出来ないようです。

 

私の場合これだけ買えば先の2冊は不要でした。まぁ何事にも失敗はつきものですので仕方ありません。I'd rather regret doing something,than not doing anything.

 

図書館で調べたところ沢山のアリス関連本がありましたそんな中

が面白そうだったので借りてみました。

この著者はなかなか辛口で敢えてどの本とは指摘していませんがいろんな翻訳の誤りを載せています。これだけ辛口で書くということはそれだけ自信があるということなのでしょうが確かに説得力があります。

 

この本は全訳ではありませんが間違いやすいところを分かりやすく解説してあります。

 

例えばこの文のmade
If it had grown up,' she said to herself, `it would have made a dreadfully ugly child.
このmadeは「作る」ではなくて「なる」と訳します。Five and five makes ten.も「なる」と訳したほうがしっくりしますね。

 

この本にはこのような気付きがたくさんあります。

 

また、この著者はこの著書と合わせて『不思議の国のアリス』を英語で読めば「英語の実力がアリスの首のように伸びてくること疑いありません」とあとがきで書いています。

 

私は最初、実は『不思議の国のアリス』は150年も前の古い本なので英語の勉強に適しているのか少し疑問でした。しかし、そんなことはまったくなく表現力豊かに書かれており英語での表現の仕方が学べます。さすが日本語の翻訳本だけでも何十冊、それ以上? 出版されているだけのことはあります。

 

この本もおすすめ本に加えておきます。

 

これから『ALICE'S ADVENTURES IN WONDERLAND』の解説本の購入を考えている方の参考になれば幸いです。

 

DMM英会話 書籍    コメント:0