NativeCampでオンライン英会話に挑戦

NativeCampでオンライン英会話に挑戦

SHERLOCKのバイリンガルコミック&DVDを購入しました。

読了までの目安時間:約 5分

 

DVDはAmazonのレビューにもありますがSHERLOCKはかなりの早口です。英語字幕を表示してもなかなかついていけません。

 

このDVD『Sherlock: Complete Series 1-3』はディスク6枚で793 分もありAmazonで2299円(送料無料)なのでかなりお得です。※Amazonの並行輸入の商品は頻繁に価格が変動します。英語音声、英語字幕のみです。英語字幕は表示のオンオフが可能です。

 

ただ注意が必要なのは海外版のDVDは日本国内のテレビ用のDVDプレーヤではもちろんパソコンでも再生不可の場合があるということです。

 

Amazonのレビューではパソコンで再生不可といレビューは見当たらなかったので安心して購入したのですが自宅のデスクトップ(中身はHL-DT-ST)、ノートパソコン(中身hp)とも内蔵のDVDプレーヤーでは再生できませんでした。

 

そこで外付けのアイ・オー・データ機器(中身は松下)とBUFFALO(中身不明)の製品で試したところどちらでも再生可能でした。

 

たまたまかどうか分かりませんが内蔵は両方共ダメで外付けは両方共OKでした。

 

日本語訳はバイリンガルコミックか日本語DVDのレンタルで

 

DVDはバイリンガル版のコミック『バイリンガル版 SHERLOCK ピンク色の研究』とほぼ忠実にリンクしているので日本語訳はこちらで確認すると良いでしょう。このコミックには巻末に本文中の分かりにくい表現についての解説が出ていて重宝します。

 

また、日本語訳を知るには日本語版のDVDをレンタルしてきて(もちろん購入という手もありますが)聴き比べるという手もあります。ゲオなどは1週間100円なのでお得です。私が行った時はキャンペーン中だったようで無料でした。

 

宅配レンタルでも新規の場合1ヶ月無料なのでうまく利用すればお得です。

 

内容についての感想

 

個人的にはあまり探偵物は向いていない気がします。細かい描写に注意を払って一秒たりとも見逃さないで注視してヒントを探して謎解きをするのが好きな人には良い作品だと思います。

 

ただ、お気軽に見ることも可能です。主人公のシャーロックや助手のワトソン、その他の脇役もなかなか魅力的なキャラクターなので謎解きを別にしても『古畑任三郎』や『ガリレオ』のようにキャラクターの力で飽きずに見ることもできます。

 

第一話の謎解きは探偵ものド素人の私からするといまいちな感じがしました。細かなシャーロックの分析力には脱帽ですがメインの殺人事件については疑問が残りました。

 

もしかしたら謎解き以外の部分で楽しませることに注力しているのかもしれません。

 

ただ、せっかくなので出てきた単語くらいは覚えようと何度か見返してみたところ少しずつ良さがわかるようになりました。

 

イギリスの文化、イギリス英語学習に最適

 

『シャーロック・ホームズ』を現代風にアレンジしてあるので現代のイギリスの文化が学べる点も良いと思います。

 

元のホームズはパイプを咥えていたイメージですがこの作品の中ではシャーロックは禁煙をしていてニコチンパッチをしています。

 

頭脳労働にニコチンが有効のような発言をしていますが頭脳明晰なシャーロックとは思えないようなセリフです。

 


バイリンガルコミックの巻末にはロンドンの喫煙事情が書かれていますがそれによるとロンドンのカフェやレストランは完全禁煙だそうです。2015年の出版ですが日本よりは少し先をいっていますね。

 

おすすめ度

 

まだ、DVD1枚目ですが6枚じっくり勉強すれば大分イギリスの文化やイギリス英語について詳しくなれると思います。

 

コミックは1200円(税別)と少しお高いですが、海外版DVD購入(6枚、2299円)+日本語DVDレンタル(100円/枚)で学習すればかなりお安く学習できます。

 

正直、個人的には内容はそれほど趣味ではないのですが英語の勉強と相手の言動からいろいろな情報を読み解く技の勉強には良いと思います。

 

シャーロックはメンタリストのDaiGoさんみたいな感じです。私の評価は内容がそれほど趣味じゃないという点で★4つといったところでしょうか?

 

探偵ものの好きな方でしたら間違いなく★5でしょうね。

 

漫画de英語    コメント:1