NativeCampでオンライン英会話に挑戦

NativeCampでオンライン英会話に挑戦

オンライン英会話を他人に聞かれたくない。

読了までの目安時間:約 7分

 

車

これはその人の性格にもよりますがオンライン英会話をしている様子を他人でなく家族でも聞かれたくない人っていると思います。

 

特にまだ慣れていなくてうまく話せないうちはその傾向が強いと思います。まぁ、私自身がそうなんですけどね。

 

また、別に人に聞かれるのは平気だけれど集合住宅等で壁が薄くて「隣の人に迷惑になるのではないか?」と心配する人もいるかもしれません。

 

私は集合住宅ではありませんがやはり、家族がいるときはレッスン中に急に呼ばれたりしないか心配なのでなるべく誰もいない時にレッスンを受けるようにしています。

 

幸い誰もいない時が結構あるので比較的自由にレッスンを受講できます。

 

このようにオンライン英会話を受けることを以上のような理由で躊躇している人もいるかもしれません。

 

その場合どうしたら良いでしょうか? 幾つか解決策を考えてみましたのでこのような悩みをお持ちの方は是非参考にしてみて下さい。

 

 

オンライン英会話を誰にも聞かれずに実践できるとっておきの場所

 

私が思いつくこの障害を克服する一番の方法は車の中でオンライン英会話を受講することです。もちろん自家用車を所有しているということが前提となりますが…。

 

車の中であれば普通に話している程度ではほとんど車外に音が漏れることはありません。また、車の中でオンライン英会話のレッスンを受けるためにはスマートフォンまたはノートパソコン+ポケットWi-Fiが必要となります。テザリングができるスマートフォンをお持ちでしたらポケットWi-Fiは必要ありません。

 

車を止める場所は公園の周りなどが交通のじゃまにならない良いスペースがあるように思います。また、よく利用するコンビニがあれば30分程度であればほとんど文句を言われることもないのでお奨めです。なるべく空いている時間帯が良いでしょう。

 

コンビニであればポケットWi-Fiいらず

また、コンビニの駐車場であればコンビニのWi-Fiを使えますのでパソコンでもポケットWi-Fiなしでネットにつなぐことができます。

 

セブンイレブンとファミリーマートはパソコンでもWi-Fiが使えますがローソンではスマートフォンでしか使えません。

 

また、車の中からコンビニのWi-Fiを使う場合やはり、出入り口に近い場所が電波が良いです。あまり離れた場所では電波が届かない場合が多いです。入り口近くに前向きに駐車をすると出入りするお客さんから見えるのでお客さんの視線が気になる方もいるかもしれません。

 

お客の視線が気になるときは後ろ向き駐車がお奨め

私はスマホでもパソコンでも車の中からコンビニのWi-Fiを数十分利用したことがありますが前向き駐車でもそれほど出入りするお客さんの視線は気になりませんでした。ただ、たまにコンビニの外の灰皿のところでタバコを吸っている人がいるのでそういう場合は気になります。

 

最初、いなくてもレッスン中に現れることも考えられますので初めから後ろ向き駐車をした方が安心ですね。

 

このように車があれば人に聞かれること無くオンライン英会話のレッスンを受けることは簡単です。

 

2016/12/30追記
コンビニの駐車場で車の中からネットサーフィンはしたことはあったのですが実はオンライン英会話はしたことはありませんでした。ネットサーフィンができたのだからオンライン英会話も当然問題なく出来るだろうと思いました。

 

でも、やはり検証してみようと思い昨日ローソンとセブンイレブンで以前Wi-Fiが問題なく繋がった位置に車を止めて試してみました。そうしたところローソンでは「電波状況が悪い」というメッセージが出てつながりませんでした。

 

セブンイレブンでは一応つながって講師の声は聞くことができ、映像も見れたのですがこちらの声が届かなかったようでレッスンできませんでした。年末で時期が悪かったのかコンビニのWi-Fiはオンライン英会話に適さないのか不明ですがもう少し検証してみようと思います。

 

また、これはスマートフォンの性能によるところも大きいと思います。私の機種はもう3年ほど前のものになりますが最新の機種ならばつながるという可能性もあります。以前、2台あるノートパソコンで試したところどちらも自宅の無線lanでは問題なく使えていたにもかかわらずコンビニのWi-Fiでは一方のノートパソコンでは全くつながらなかったということがありました。

 

ファミリーマートではまだ試していないので今度試してみます。また、今度はお互いの映像を切った状態で試してみようと思います。

 

LTEでは問題なくレッスンを受けることが出来ました。他人の視線もほとんど気になりませんでした。LTEなら駐車する場所は出入り口付近でなくてもかまわないのでほとんど問題ないでしょう。

 

自家用車を所有していない場合どうするか?

問題は自家用車を所有していないときです。この場合の選択肢としては次の3つが考えられます。費用が少ない順に挙げます。

 

1.早朝の公園。

場所にもよると思いますが早朝であればほとんど人もいなくてオンライン英会話を誰にも聞かれずに実践できる公園はそこそこあると思います。私は朝、新聞配達をしたことがありますが6時位まででしたら大抵の公園には誰もいません(埼玉県南部)。時々トイレを利用していました。

 

ただ、費用は掛かりませんが、雨が降ったときは困りますね。

 

2.カラオケボックス

関東地方であれば平日昼間なら100~200円/30分で利用できる店が結構あります。多少費用はかかってしまいますが許容範囲ではないでしょうか? 雨が降っても大丈夫です。

 

普段は公園、雨が降ったらカラオケボックスというのも良いかもしれません。

 

3.カーシェアリングで車を借りる

こちらも最安100円/15分というのもあるので近くにあれば選択肢のひとつになるでしょう。

 

以上、オンライン英会話を他人に聞かれずに実践する方法について書いてみました。参考になれば幸いです。

 

Others    コメント:0

ゴシップ記事を読んで英語力アップ

読了までの目安時間:約 5分

 

ネットにパソコンがつながっているとついつい芸能情報などが目に止まって読みふけって時間を無駄にしてしまいませんか?

 

Yahoo!などをホームページ(ネットに繋いだ際に最初に開くページ)にしておくと気になるゴシップ記事が興味を惹くタイトルでたくさん載っているので読みたい誘惑を断ち切るのは困難です。

 

そこで私は同じYahoo!でもhttps://www.yahoo.com/をホームページにしてあります。米Yahoo!も日本同様記事を読んでもらおうと必死なタイトルがたくさん並んでいます。

 

英語といえども興味のある記事は思わず読んでしまいます。知らない単語があってもネット上なら一瞬で検索できるので時間もかかりません。

 

タイトルが並んでいるトップページはほとんどがリンクになっているのでそこからは単語等の検索は出来ません。一度読みたい記事をクリックしてそのサイトに飛ぶ必要があります。

 

そこで知らない単語をダブルクリックすると単語がハイライトされて右クリックから検索できるようになります。

 

また、記事中でもハイパーリンクになっているワードは当然ながらダブルクリックでは選択できません。その場合選択するには少しテクニックが入ります。複数ワードのリンクで真ん中の単語をそれだけで選択するのは困難です。その場合は面倒でも打ち込んだほうが早いですね。

 

右はじとかの場合はリンクになっていない場所からドラッグすると選択することが出来ます。

 

ネットの場合はKindleのようにダブルクリックだけでは意味を知ることはできずさらに右クリックからネット検索というようにもう一手間掛かりますがそれでもいちいち打ち込むよりはかなり楽です。

 

たくさん時間があるときは記事を読みますが少ししかないときはタイトルを見て知らない単語があったらネット検索して語彙増強に努めます。

 

ネット検索は超便利で知らない単語の上でダブルクリックするとその単語が選択されるのでそこから右クリックで検索できます。

 

ブラウザによって検索エンジンが変わるようですがどれでも大差ありません。

 

そうするとたいていWeblioのサイトが最上位に表示されるのでそこで意味と発音を調べます。あまり時間のないときは検索一覧の説明文を見ただけでも意味がわかるときがあるので深く調べない時もあります。

 

稀に検索一覧に見当たらないこともありますがその時は検索窓に自動的に挿入されているキーワードの後にスペースを入れてください。そうすると複合キーワードの候補がいくつか出ますがそこで「意味」または「英語」を選ぶとたいてい出てきます。

 

英語であってもやはりゴシップ記事は面白いのでついつい読んでしまう時もあります。しかし、英語の記事の場合は英語の勉強にもなるので日本語のゴシップ記事とは違い時間を無駄にしたという罪悪感もそれほど感じないで逆に英語の記事を読み切ったという達成感を感じることができ精神衛生上も良いです。

 

また、ゴシップ記事以外でも海外での事件や美容、医療などの新情報などをいち早く知ることができます。ここで読んだ記事があとから日本のニュースで流されたりして優越感に浸ることができます(^^)。

 

このように海外のYahoo!などのポータルサイトをホームページにしておくと新情報もひとより早く知ることができ英語の勉強にもなるので一石二鳥なのでお奨めです。

 

最後に、米Yahoo!を見て感じたことを書くとアドルの記事がないということです。載っているのはほとんどがいわゆるセレブといわれる世界的に有名な芸能人だけです。おそらく日本のようなアイドルという文化がないのでしょうね。結構アイドル記事好きな私には少し残念です(^^)。

 

では、あなたもYahoo!で英語力アップ頑張ってください。

 

Others    コメント:0

英語学習へのキンドル活用法

読了までの目安時間:約 8分

 

ゴッドファーザー

KindleといってもKindle端末を購入しなくてもパソコンまたはスマホが有れば無料のキンドルアプリで読むことが可能です。

 

私はキンドルペーパーホワイトももっていますがほとんど使わず、もっぱらパソコンで読んでいます。

 

辞書を引く時間はムダな時間

言語の学習には多読は必須だと思います。多読するうえで障害になるのがわからない単語を調べる際に時間がかかることです。

 

辞書を引いている時間も英語の勉強をしている時間と思いがちですがこの時間は英語力をつけるという意義は全くありません。

 

枝廣淳子さんもその著書

の前書きで

 

英語の勉強をする時「単語を調べるために辞書を引いている時間」は勉強時間にカウントしてはいけません。

 

と言っています。

 

それがキンドルならダブルクリックするだけで辞書が引けるのでとても効率的です。一瞬で意味を知ることができます。辞書を英和にも英英にも設定できます。どんどん読みたいときは英和、時間に余裕がありその単語について深く意味を掘り下げて知りたいときは英英がお奨めです。

 

また、少しの手間(その他から検索を選んで)でネット検索もできます。たいてい一番上にWeblioのサイトが表示されるのでそこで発音も聞くことができます。

 

発音はなるべく聞くようにしています。例文もたくさん載っているので音声を聞けるセンテンスは時間がある限り聞きます。

 

また、このサイトにある語彙力テストははまります。無料の場合1日5回という回数制限がありますが25問中20問以上正解すると一回増えるので優しいコースで受けて増やせばほぼ制限なく使えます。

 

増えなくても5回もやれば結構飽きます(^^)。

 

語学学習に多読は必須

苦手だった国語力がそこそこついたのは小説を多読したことが役に立ったことを思い出しもう十年ほど経つかもしれませんがやはり英語力をつけるには英文をたくさん読むことが必要と考え小説を読もうと原書に挑戦しました。

 

何を読もうかと迷いましたが何を血迷ったか

を買ってしまいました。

 

ペーパーバックと呼ばれるあのチープな紙の洋書を買ったのですが488ページもあり難解な単語も多いです。もう少し薄くて読みやすいものにすれば良かったのですが、忘れてしまいましたがおそらく芸能人か誰かが絶賛していたのを聞いて買ったのだと思います。

 

いまも手元にありますが引かれたラインマーカーを見てみますと60ページ位まで引いてあるのでそのあたりまでなんとか頑張って読んだようです。

ゴッドファーザーに挑戦するもあえなく挫折

 

かなり難解な単語が多いので辞書をひくのが大変だったはずです。ネットで調べるにしてもいちいち打ち込まなければならなかったので結構時間がかかったと思います。当然ながら挫折しました。

 

ゴッドファーザーに再挑戦

そしてつい先日もテレビで小堺一機と出川哲朗が映画の

について熱く語っていました。

 

私もDVDも持っているので2,3回は見ましたが彼らはもっと見ているようで私が気づかなかったことも鮮明に覚えていました。小堺一機の方は以前から、いろいろ物知りだなとは思っていましたが出川哲朗の方は今回少し見方が変わりました。

 

いままではザリガニに鼻を挟ませて笑いを取ったりして失礼ながらくだらない芸風と思っていました。しかし、この『ゴッド・ファーザー』についての思い入れを熱く語る様子を見て見直しました。

 

このテレビの影響もあって再度『ゴッド・ファーザー』を読んでみようと思い立ちました。ただ、以前買ったペーパーバックが残っているとは言え再度これをいまさら読もうとは思いません。

 

Kindle版ゴッド・ファーザーを購入

今回はKindle版でゴッド・ファーザーを購入しました。Kindle版だとわからない単語をダブルクリックすると英英辞典や英和辞典から簡単に調べることができます。意味を調べる時間が減り効率よく読書を楽しめます。

 

さらにはネットからも簡単に調べられるので発音もすぐに聞けます。紙の本よりもかなり効率的に読めます。

 

Kindle版は紙の本に比べると断然辞書をひくのが楽ですが『ゴッド・ファーザー』は難しい単語が多くて長編です。やはり、もう少し薄くて読みやすい本にすれば良かったと再度後悔しています。

 

しかし、もう少し頑張って読んでみようと思います。一応、映画を見てストーリーはわかっているので全く初めて読む本よりは分かりやすいです。また、映画では省略されていたことや見ただけでは気づけなかったことに気づけて新たな発見もあり面白いです。

 

漫画も英語学習にはよさそう

画像は記憶に残りやすいということはここに書きました。したがって好きなマンガを英語で読むことは英語学習に役立ちそうです。

 

Kindleでも漫画を読めます。しかし……。

 

Kindle版の漫画の問題点

しかしながらKindle版のほとんどの漫画は英語に限らず辞書を引く機能が使えません。一部、英語学習ように書かれた

などは画像部分とテキスト部分のページを分けて辞書引き機能が使えるようになっています。

 

余談ですが4コマ漫画はほとんどが起承転結でできていて文章作成のお手本になります。北野武さんなどもシナリオ作成の際に最初4コマ漫画に見立てて作り肉付けをしていくと聞いたことがあります。

 

また、DMM英会話の教材にある『ブラックジャックによろしく』などは難しい単語などはVocabularyとしてテキストボックスに抜き出してあるのでダブルクリックで選択できネットから簡単に調べられます。

 

医療系の漫画に興味のある方は読んでみると良いと思います。このテキストはDMM英会話に入会しなくても誰でも読めるようになっています。

 

全ての漫画で通常のKindleみたいに辞書が引けるようになれば興味のある漫画を英語で読めるようになり強力な英語学習のツールになると思うのでアマゾンさんにはなんとかしてほしいですね。

 

 

WayOfLearning    コメント:0

ネイティブキャンプでTOEIC対策

読了までの目安時間:約 13分

 

toeic

久々にネイティブキャンプを再開しました。開校当初はなかったTOEICコースを受講しています。

 

ネイティブキャンプのTOEICコースは
TOEIC800点対策コース
TOEICパート別対策コース

 

の2つのコースがありますが後者のパート別対策コースを受講しています。

 

私の実力は800にはちょっと開きがあると思うので後者の「TOEICパート別対策コース」を受講しています。

 

Weblioの無料で受けられるTOEICテストでは語彙力だけみると730くらいはあるみたいですがリスニングは苦手なので実際にはそんなにいかないでしょう。今度また受けてみようかと思います。だいぶ前に一度試しに受けてみたときは500点もいきませんでした。

 

ネイティブキャンプの「TOEICパート別対策コース」は現在Part4まで受講可能となっています。ネイティブキャンプのサイトには「※現在ご受講いただけるのはPart1とPart2となります。(随時更新予定)」(2016/12/13現在)となっていますが実際はPart4まで受講できるようになっています。

 

少し前まではPart3までだったのですぐまた更新されるかもしれませんね。TOEICコースの案内のページは更新し忘れているようです。

 

ネイティブキャンプのTOEICパート別対策コースとは?

「TOEICパート別対策コース」のレッスンは

を使って行います。この問題集にはCDもついていて実際のTOEICの試験と同じ形式で作られているので別にレッスンを受けなくても独習しようと思えば可能です。

 

ただ、やはり独習するよりはレッスンを受けたほうが圧倒的に勉強になります。これはその人の性格にもよるかもしれませんが私の場合はレッスンを受けたほうが断然身につきます。

 

DMM英会話でもかの有名な『瞬間英作文』のレッスンがありました。これもCD付きのテキストがあるので独習も可能なレッスンです。

 

このときは全部のパートのレッスンを受けたわけではありませんでした。特になかなか覚えられなかった箇所だけ受けました。

 

独習ではなかなか覚えられなかったのですがたった一回レッスンを受けただけでその部分は一番スラスラと瞬間に英訳できるようになりました。

 

これはやはりひとりでやるのと講師と一緒にやるのとでは緊張感が違うせいかもしれません。特にネイティブキャンプの場合はレッスン受け放題なので使わない手はありませんね。

 

ただ、やはりTOEICコースは人気があるのでゴールデンタイムは混んでいます。今のところしばらくは予約しないと受講は困難でしょう。午前中から夕方5時くらいまででしたらたいてい待機している講師が何人かいます。

 

 

したがって日中受けることが出来ない方は早起きして朝、受けるのが良いと思います。ただ、午前中でも9時少し前は混んでいることが多い気がします。始業前にひとレッスンというビジネスマンが多いのかもしれません。9時を過ぎた途端に空いている講師が増えることがしばしばあります。

 

また、お昼時は意外と空いているので会社の空き会議室などを使える人はお昼にサクッと25分ほどレッスンするのもいいかもしれません。人目を気にしなければ公園でも可能ですが私は気にしちゃうので集中できません(^_^;)。

 

ネイティブキャンプのTOEICパート別対策コースのレッスンの流れ

TOEICテストPart1(写真描写問題)

かつては10問あった問題ですが今年5月から6問に減りました。

 

ここは4つのセンテンスが流れて写真の説明として正しい文を選択する問題です。

PART1のレッスンの流れ

1.普通に問題文を聞いて4つの選択肢から写真の説明として適切な文を選ぶ。
2.全ての説明文をワンセンテンス毎聞いてすぐにリピートする。
3.全体をもう一度聞いて終わり。

 

センテンス自体はどれも短いです。集中して聞けば聞き取れる文が多いですが中にはどうしても聞き取れないものもあります。

 

それでもやはりここは比較的得点しやすい箇所だと思います。

 

予習の際にディクテーションします。CDを聞いて紙に書いてみます。以前からディクテーションは効果的とは思っていましたが面倒なのでしたことのなかった学習法です。効果が楽しみです。

 

この個所は一度軽く予習しておけばレッスン中にほぼ全問正答できます。問題のあとで問題の文を1文ずつ聞いてちゃんと聞き取れているか繰り返させられます。ここがこのレッスンの肝(キモ)でしょう。

 

ここは文章は短いので大まかな意味は把握できるのですが短いと言えども一言一句間違えずに何も見ないで繰り返すのは意外と難しいです。特に冠詞や単数形、複数形が間違えやすいです。

 

予習の際になかなか正確にリピートすることのできなかったセンテンスは自分の声で聞く暗記法で正確に覚えレッスンでは完璧にリピートできることを目指します。

 

このような学習法はネイティブキャンプでレッスンを受けずに独習していたらやらなかったと思います。そしてサラリと流して勉強した気になってあまり身につかなかったと思うのでレッスンを受けて良かったと思います。

 

最後に3枚の写真分のレッスンの問題文を通して聞いて一コマ分のレッスンが終了となります。ここは短いので講師によってはさっさと済ませて次のレッスンに進んでしまう人もいます。

TOEICテストPART2(応答問題)

英文(プリントした英文なし)を聞いてそれに対応する適切な英文(プリントした英文なし)を選ぶ(3択)。こちらは今年5月から30問から25問に減りました。

PART2のレッスンの流れ

1.普通に問題を聞いて解答する。
2.問題文を聞いてリピートする。
3.解答文を聞いてリピートする。
4.講師とのロールプレイ*3

 

こちらもPART1同様予習をしておけばレッスン中に問題に正答するのは比較的簡単です。ちょっと集中を要するのはやはり、英文をリピートするレッスンです。解答文は5ワードほどなのでまぁ楽勝です。問題文も10ワードに満たない長さなのでしっかり予習しておけばカンニングしなくてもだいたい正答出来ます。

 

このパートも短いので何も質問しなければすぐ終わってしまいます。そしてそのまま次のレッスンに進んでしまうか、同じ箇所を何度も繰り返し聞かせる講師もいます。講師とのロールプレイも大抵の講師は講師が質問して生徒が答えるという形式のみ行います。質問文より答えのほうが短いので生徒は楽です。なかには役割分担を交代して生徒に質問文を読ませる先生もいます。

 

そういう講師の方が稀なので最初質問文を読むように言われたときは心の準備が出来ていなかったので焦りました(^_^;)。生徒は解答文のみ読むものだと思っていたので…。しかし、この方が練習になるので他の講師もこうすれば良いのにと思いました。おそらくネイティブキャンプの指導要領にはそのように書いてないのでしょう。

 

大抵の講師は指導要領に書かれるとおりに教えているのだと思います。この指導要領は改定したほうが良さそうですね。TOEICコース自体がまだ出来て日が浅いのでそのうちにだんだんと洗練されていくことでしょう。

 

TOEICテストPART3(会話問題)

二人以上の会話(プリントした英文なし)を聞いて設問(プリントした英文あり)に答える(4択)形式です。こちらは30問から39問に増えました。

 

レッスンでは一通り実際の試験のように説明文を聞いたあとに解答し、答え合わせをします。そして会話文の一部を隠した穴埋め問題をやって理解を深めます。問題文の解答は予習をしておけば簡単ですが穴埋め問題はちょっと緊張します。直前に全文を流してくれますがそれでも答えられないこともあります。

 

PART3もディクテーションの予習をします。こちらはかなり長いのでワンセンテンスごと止めてディクテーションします。それでもここはなかなか一度ですべて聞き取るのが困難な個所も多いです。聞き取れた単語から類推してなんとか文を完成させます。

 

PART3では予習をしてもレッスン中に出題される穴埋め問題に全て正答することは困難です。復習でより完璧を目指します。

 

TOEICテストPART4(説明文問題)

こちらの問題数は旧形式と同じ30問です。また、こちらはPART3とほぼ同形式の出題で、違いはヒアリングする文章が会話文から説明文に変わっただけです。しかし、こちらのほうが全体的にワンセンテンスが長いです。ワンセンテンスですらディクテーションすることが困難な文が多いです。また、単語のレベルも若干上がっている気がします。

 

レッスンの流れはPART3と全く同じで、問題文を聞いて回答して、穴埋め問題で理解を深め最後に再度全文を聞いておしまい、といった感じです。

 

今現在(2016年12月14日)ネイティブキャンプでレッスンを受けられるのはPART4までです。TOEICのテストはPART7までありますがPART5以降はリーディング部門なので独習で十分だと思います。

 

私の語彙力はWeblioのサイトに有る「TOEIC®テスト「730突破対策」の語彙力診断テスト」では突破寸前、突破可能たまに突破確実のレベルですがPART4までの単語はほとんど分かるので単語自体はそれほど難しくないですね。

 

それでも一発で聞き取るのはかなり難しいです。

 

ネイティブキャンプのレッスンでどこまでリスニング力をつけられるかが楽しみです。

 

まとめ

レッスンの受け方は人それぞれ好みがあると思います。実際の試験のように予習はせずに真剣勝負で臨みたいひともいるでしょう。私の場合はこれまで書いてきたようにオーソドックスな予習、レッスン、復習といったオーソドックスな学習法があっているようです。

 

予習の際にディクテーションで紙に書いてみると意外というか気づかなかった弱点が見えてきます。私の場合「there's」がしばしば聞き取れませんでした。何度かそういうことがあるとそのうちに聞き取れなかった時これは「there's」ではないかと考えることができ、当てはめるとしっくりした文になり正解できるようになりました。その他では「the」と「they」などがよく聞き間違えます。

 

やはり、ディクテーションは多少面倒ではありますが効果のある学習法だと思いました。

 

P.S.
久しぶりにネイティブキャンプに戻ってきましたが生徒数がだいぶ増えた印象です。レッスン受け放題で定額の5500円という破格値なので当然といえば当然ですが開校当初はなかなか増えませんでした。

 

受講する側からすれば講師を選び放題で嬉しかったですが…。今では予約をしなければ受けられないほどの人気のV先生なども随分お世話になりました。

 

やはり、カズレーザーを始めたくさんの芸能人の体験動画がYouTubeにアップロードされているのが効いているみたいです。

 

 

NativeCamp    コメント:0