NativeCampでオンライン英会話に挑戦

NativeCampでオンライン英会話に挑戦

『不思議の国のアリス』で英語を学ぶ人のためのお奨めの解説本

読了までの目安時間:約 6分

 

アリス本

さすがに名作だけあって沢山の解説本が出ています。これだけあると選ぶのが大変です。そこでレビューを参考にするのですが読むのも一苦労です。

 

アマゾンのレビューは意外と甘口のような気がします。まあ、辛口で書くのは勇気がいりますから分からなくもないですが…。アマゾンでは各レビューに対して賛成票と反対票を投じることができるようになっています。そして以前は、賛成も反対も表示されるようになっていましたがいつの頃からか賛成しか表示されなくなってしまいました。

 

これによってレビューの信ぴょう性が落ちてしまう残念な変更でした。やはり、ネガティブなレビューは売上に悪影響があるのでしょうね。

 

それでもやはり、レビューは気になって読んでしまいます。『不思議の国のアリス』の解説本はなんだかんだと3冊も買ってしまいました。

 

最初に買ったのは

 

これは最初に買ったアリス関連の本ですがどちらかと言えば失敗でした。完訳ではなく難しいと思われる単語やフレーズにルビが振ってあるという注釈本です。当然ながら「難しいと思われる箇所」は人によって違うのですべての人に満足してもらうことは不可能です。

 

レビューによると概ね好評でルビの数もちょうど良いという意見が多いです。読む人のレベルにもよりますが個人的には少し少なく感じました。

 

それと何と言っても文字が小さすぎます。本文はまだしもルビは極小です。まだ私の老眼は軽いほうなのでなんとか読めますがもう少し進んだ方ですと老眼鏡なしでは読むのは困難でしょう。

 

次に購入したのは

です。

 

この本は訳や文法の説明も詳しくて理解度をチェックするための練習問題もあって気に入りました。

 

しかし、CHAPTER 2のThe Pool OF Tearsまでしかありません。これも買う前には気づかずに大失敗でした。

 

そして3冊目は

です。

 

これは当たりでした。3度めの正直ですね。完訳で注釈も詳しく文法の説明もわかりやすいです。音声も付いています。音声はChapter 1~VはCDで残りはダウンロードする形式です。朗読は「Amazon English」の方が感情豊かで秀逸ですがこれでも十分です。また、挿し絵もそこそこ豊富にあってジョン・テニエルの独特の絵を楽しめます。
※音声のダウンロードサイトは現在はアクセス出来ないようです。

 

私の場合これだけ買えば先の2冊は不要でした。まぁ何事にも失敗はつきものですので仕方ありません。I'd rather regret doing something,than not doing anything.

 

図書館で調べたところ沢山のアリス関連本がありましたそんな中

が面白そうだったので借りてみました。

この著者はなかなか辛口で敢えてどの本とは指摘していませんがいろんな翻訳の誤りを載せています。これだけ辛口で書くということはそれだけ自信があるということなのでしょうが確かに説得力があります。

 

この本は全訳ではありませんが間違いやすいところを分かりやすく解説してあります。

 

例えばこの文のmade
If it had grown up,' she said to herself, `it would have made a dreadfully ugly child.
このmadeは「作る」ではなくて「なる」と訳します。Five and five makes ten.も「なる」と訳したほうがしっくりしますね。

 

この本にはこのような気付きがたくさんあります。

 

また、この著者はこの著書と合わせて『不思議の国のアリス』を英語で読めば「英語の実力がアリスの首のように伸びてくること疑いありません」とあとがきで書いています。

 

私は最初、実は『不思議の国のアリス』は150年も前の古い本なので英語の勉強に適しているのか少し疑問でした。しかし、そんなことはまったくなく表現力豊かに書かれており英語での表現の仕方が学べます。さすが日本語の翻訳本だけでも何十冊、それ以上? 出版されているだけのことはあります。

 

この本もおすすめ本に加えておきます。

 

これから『ALICE'S ADVENTURES IN WONDERLAND』の解説本の購入を考えている方の参考になれば幸いです。

 

DMM英会話 書籍    コメント:0

「Amazon English」de『不思議の国のアリス』を読んde聴く

読了までの目安時間:約 7分

 

AmazonEnglish

アマゾンが「Amazon English」という英語学習のサービスを始めました。

 

今のところは招待制

「Amazon English」は、現在招待制となっていて現在のところアマゾンから招待された方しか使えません。おそらくアマゾンで英語関連の商品を買った人に使ってもらってテストしているのだと思います。

 

どれくらい英語関連商品を買った人が招待されるのかは不明ですが私は5~10冊程度は買っていると思います。

 

「Amazon English」を使ってみた感想

ちょうどDMM英会話で「Alice's Adventures in wonderland」のレッスンを受けていたところこの「Amazon English」の案内をもらいました。

 

そうしたところ「Amazon English」のコンテンツに「不思議の国のアリス」もあって1ヶ月無料ということでしたのでためしてみることにしました。

 

結論から言うと使ってみた感想はなかなか満足できる出来でした。機能としては英文が表示され(非表示も可)読み上げてオレンジ色のカーソルが読み上げている単語に自動で移動するというものです。

 

音声は機械音ではなく人間が感情豊かに読み上げています。この読み方はかなり秀逸で聴いていて飽きずに楽しめます。

 

わからない単語があれば一時停止出来てその単語を長押しすれば即座に訳を調べることができます。英和でも英英でも選択できます。英英がおすすめです。

 

英語脳にするには日本語を介さないで理解することが大切です。

 

でもまれに英英だけでは理解できない単語もあります。そういう時でもワンタッチでで英和に切り替えられるので便利です。

 

もちろん速度も調節できます。0.5倍速~1.75倍速まで6段階で調節できます。私は今のところ標準の速度で聞いています。

 

青色で表示されている単語があって最初何かな? と思っていましたがTOEICに頻出の単語だとわかりました。

 

オンオフで表示非表示が切り替えられます。デフォルトでは表示されるように設定されています。

 

コンテンツはかなり充実していて読んでみたいものは読み切れないほどあります。また、書籍以外にもTEDやニュースもあります。

 

改良して欲しいところ

  • 単語は調べられますがイディオムはわからない。
  • たまに音声だけ先に進んでカーソルがついていかない時がある。
  • 価格を下げて欲しい。
  • 2倍速くらいまであって良いと思う。
  • Kindleのようにパソコンでも見れるようにして欲しい。
  • コンテンツをバラ売りしてもらえると嬉しい
  • 読む位置の移動をページ単位で出来るようにして欲しい。現在は章単位、単語単位(ドーナツ盤のようなものを指で回転させながら移動する)でしか出来ないと思われる。※
くらいでしょうか?
※やはり、できました。横にフリックしてみてできなかったのですがある時ふと縦にフリックしたところページをめくることができました。

 

ただ、1ヶ月は無料ですがそれ以降は800円/月という料金設定です。英語漬けの環境に身を置ける場合は十分元は取れます。

 

具体的に言うと最低でも毎月1冊は英語の本を読むという方であればお得だと思います。絵本であれば可能ですが普通の書籍であればそこそこの英語力がないとお得とは言えないと思われます。

私の利用法

現在の私の実力では最初に読み上げてもらっただけですべてを理解するのは不可能です。何度も書いているようにいまDMM英会話で「Alice's Adventures in Wonderland」のレッスンを受けているので主に復習として使っています。

 

予習してレッスンを受けた後でしたらほぼ理解できます。1.5倍速でも問題ありません。そうして何度も聞けば知らなかった単語も記憶に定着しやすいのでかなり有効活用できています。

 

「Amazon English」は「Audible」の英語版?

アマゾンには

というサービスが以前(2015年7月)からありましたが「Amazon English」はこれの英語版と言った印象です。

 

Audibleは使ったことがないので正確にはわかりませんが少し調べたところでは月額1500円でAudible対応の書籍を聴き放題のサービスのようです。

 

スマホ、タブレットのみの対応ということも「Amazon English」に似ています。「Amazon English」は英語の書籍(TEDなど書籍以外のコンテンツもある)に限定してAudibleよりも価格を下げたサービスの気がします。

 

でも、もしかしたら「Audible」は音声のみで文字は表示されないのかもしれません。そのようなサンプル画面が見つからなかったのでその可能性もあります。

 

こちらも1ヶ月無料のサービス期間があるので「Amazon English」の無料体験が終わったら試してみようと思います。その後また詳しくレポートします。

 

というわけで「Amazon English」は1ヶ月無料で体験できますし解約も簡単にできそうなので招待された方は試してみる価値はあるでしょう。

 

「Amazon English」はサービス自体が2017/06/30で終了することになりました。詳細はこちら

 

DMM英会話 WayOfLearning    コメント:0

不思議の国のアリスdeスラッシュリーディング

読了までの目安時間:約 3分

 

アリスで英語

前回、書いたように現在DMM英会話の教材『Alice's Adventures in Wonderland』で英語を勉強中です。

 

『不思議の国のアリス』は比較的易しいとはいえひとつのセンテンスは結構長いです。また、単語もweblioによると英検1級以上レベルの単語もゴロゴロ出てきます。

 

ワンセンテンスが長い文の場合どこで区切るかがわかると比較的理解しやすいです。

 

スラッシュリーディングという英文読解方法があります。その名の通り英語を単語レベルではなくフレーズレベルで英文にスラッシュを入れて区切って読むという方法です。

 

スラッシュリーディングで問題となるのはスラッシュを入れる場所です。区切る場所は「意味のかたまりごと」とか「長い主語の後」「動名詞、不定詞が作る句の前後」などいろいろルールはあるようですが私はそんな面倒なことはしていません。

 

DMM英会話の『Alice's Adventures in Wonderland』にはは場合※Lesson70まではネイティブの音声があるのでそれを聞いて区切られている箇所に蛍光ペンでスラッシュを入れています。

 

また、音声がない場合でもそれほど厳密にスラッシュを入れなくて良いという意見もあります。私もそう思います。カンマ、コロン、セミコロン、ピリオドだけでも十分のような気がします。

 

事実ネイティブの音声もほとんどの場合はそこで区切って読んでいます。これ↓がDMM英会話にある音声を聞いてスラッシュを入れたものです。
スラッシュリーディング

 

これくらいの量の英文でカンマやピリオド以外で区切られている箇所は3箇所だけなのでそれほど問題にならないレベルでしょう。

 

また、音声を聞きながら何度も繰り返しスラッシュを入れていると「長い主語」「動名詞、不定詞」など意識しなくてもだいたい区切る箇所が分かってきます。

 

スラッシュリーディングが出来るようになると返り読みをする必要がなくなり英文を頭から理解できるので読むスピードがアップします。同時通訳の人たちがしているという英文解釈方法ですね。

 

同時通訳とまでいかなくても何度も返り読みをしないで読めるようになりたいものです。

 


アマゾンが『Amazon English』という英語学習のサービスを始めたようです。これは現在テスト期間で招待された人のみのサービスのようです。そこには教材に『不思議の国のアリス』もありそれを使えばすべての音声が聞けます。おそらくアマゾンで英語の本を購入した人に先行でサービスしているようです。とりあえず1ヶ月無料なので現在実践中です。もう少ししましたら実践レポートします。

 

DMM英会話 WayOfLearning    コメント:0