NativeCampでオンライン英会話に挑戦

NativeCampでオンライン英会話に挑戦

NHKのサイト【ゴガクル】は視聴した語学番組の復習に効果的です。

読了までの目安時間:約 3分

 

NHKの語学学習番組と連動したサイトですがこれが結構使えます。一番気に入っているのは自分の見ている語学番組から出題されるテストを受けることが出来ることです。

 

会員登録(もちろん無料です)すれば出題形式を選択することができ和訳、英訳、リスニング、「ランダム」「覚えたフレーズのみ」「覚えていないフレーズのみ」などさまざまなテストができます。

 

簡単な解説もあって便利です。この解説から最近覚えたことはcouldとwas(were) able toの違いです。was(were) able to の場合は特定の過去の出来事について「できた(できたか?)」と言いたいときに使うとありました。いままで気分次第で使っていましたがちゃんと使い分けすべきだったのですね。

 

また、お気に入りのフレーズを登録したり「覚えた日記」を書いたりと便利な機能も満載です。

 

まぁ、私はテストのみ使っていますがこれだけでも使う価値はあります。番組を見ただけではまず覚えられないので「覚えていないフレーズのみ」テストをして覚えるまで繰り返します。

 

ただ番組を見て終わりではもったいなさすぎるのでNHKの語学番組を視聴している方はこのサイト「ゴガクル」を使わない手はないでしょう。

 

最近はなかなか覚えられないので繰り返し学習は必至です。番組も繰り返し見ています。今見ているのは「大人の基礎英語」「しごとの基礎英語」「ニュースで英会話」です。

 

「ニュースで英会話」は一度しか見ませんがあとの2つは何度か見ます。番組名で録画をしているので再放送もあるので3度くらい録画されます。

 

といっても3度とも全て見るわけではありません。この2つの番組は「今日のキーフレーズ」のようなものがあるので最初少し見てもし覚えていたら最後まで見ないで即HDDから削除します。

 

このように四苦八苦しながら覚えています。「※それでも私は前に進み続ける(But I keep cruising)」ここでなんどか紹介しているアンジュルムの歌に四字熟語シリーズがあるのですが今度は「四苦八苦」も作って欲しいですね。

 

P.S.
ハロプロはちょっと飽きてきたので最近はテイラー・スウィフトを聴いています。

 

※YouTubeにあったTaylor Swiftの「Shake It Off」から取りました。「それでも私は前に進み続ける」と意訳されていましたが調べてみたらこの文脈には合わない意味でした。でも敢えて載せておきます。ここでの「cruising」とはボーイハントするという意味のようです。この文脈で使うとしたら「Keep moving forward」が良さそうです。

 

WayOfLearning    コメント:0

ネイティブキャンプの講師の選び方

読了までの目安時間:約 9分

 

以前レッスンの進め方に希望がある場合はレッスンの前に予め伝えておけば良いと書いたことがありました。そしてそうすればどの講師を撰んでも希望するレッスンが受けられるでしょう、と。

 

しかし、これもやはり講師によっては自分の教育方針を変えない人もいるので全ての講師に有効であるとは限りません。

 

では、どうやって選べばよいでしょうか? 一つは講師の評価欄があるのでそれを参考にできます。評価項目として
・フレンドリー
・スパルタ
・面白い
・丁寧
・笑顔がすてき
の5項目があり各5段階で評価してあります。そして単純に5項目の平均を足したものを5で割った数値がユーザー評価となっています。

 

ただ、この評価項目と評価方法には少し疑問があります。「笑顔が素敵」かどうかは、それは素敵な方が良いけど講師としてどうかを評価する項目としては不適当でしょう。

 

その代わりに「教え方が上手い」とか「発音が綺麗」などの項目があったほうが良いと思います。

 

それと「スパルタ」以外は点数が多いほうが高評価と言えますが「スパルタ」の場合は必ずしも点数が高いほうが高評価と言えないと思います。

 

そしてこれらを同じ土俵で平均するのはおかしいでしょう。そうすると「スパルタ」以外の項目が高くても優しい先生でスパルタ度が低ければ平均点が下がってしまいます。

 

したがってこの「ユーザー評価」とされている総合評価はまったくあてになりません。

 

しかし、ネイティブキャンプでランキングに使われる数値は「ユーザー評価」ではありません。生徒はレッスンを受けたあとの評価で上記5項目の他に「good」か「bad」か二者択一の評価をする項目があります。

 

このgood数で実際のランキングがされているようです。また、このgood数も単純には信用出来ません。なぜなら沢山レッスンをした講師は必然的にgood数も多くなるからです。一応レッスン数も出ているので割合は計算出来ますがランキングには反映されていません。
しかし、good率が分かったとしても高得点の講師が自分にあっているとは限りません。

 

小中学生の頃は教科書どおりに授業を進めて学年末にはひと通り教科書を終わらせる教師がほとんどだと思います。ところが高校になると教師の個性がかなり出てきます。

 

教科書をひと通り終わらせることなど全く考えずに講師が重要と考えるところには何時間も時間をかけ、そうでないところはバッサリと切り捨ててしまう講師もいました。そして単にひと通り教科書を終わらせようとする教師よりもそういう教師の中に優秀な先生がいました。高校時代はそういう先生が好きでした。

 

どこでもそうだと思いますがネイティブキャンプでも当然色々な個性の先生がいます。一度なかなかテキストが進まないので「時間内にテキストを終わらせて欲しい」と要望したところ「ここは重要なので詳しく説明しているのだ」と言われ聞き入れてもらえない時がありました。

 

学校の授業なら否が応でも最低一年間は同じ教師と付き合わざるを得ませんがネイティブキャンプならば嫌だと思ったら25分限りでもう選ぶ必要はありません。25分さえ耐えられなければ「急用が出来た」と言ってその場でレッスンを終了することもできます。

 

しかもネイティブキャンプの場合一日何レッスンでも受けられるので色々な講師を試すことが出来ます。

 

他のオンライン英会話スクールですとレッスン毎に料金が発生するのでそう気軽に色々な講師を試せませんがネイティブキャンプの場合は違います。

 

したがってネイティブキャンプでの最良の講師の選び方は気軽に色々な講師とおしゃべりをして自分に合った先生を選ぶのが一番だと思います。

 

ですから余計なことは考えずにいろいろな講師から沢山レッスンを受けるのが良いでしょう。一応、評価やレビューがあるので気になって読んでしまうと思いますがあまり当てにしないほうが良いですね。

 

人の好みは千差万別なので良い評価が書かれていたからといって自分に合うとは限りません。私の場合意外と評価が低かった講師が良かったりします。天邪鬼なだけかもしれませんが(笑)。

 

とにかく評価は気にせずとりあえずは受講してみて自分の目で確かめるのが一番です。Seeing is believing.
I'd rather regret doing something than not doing anything.
Juice=Juice『CHOICE & CHANCE』より。

 

 

ただ、これはレッスン受け放題のネイティブキャンプだからこそ出来る手法です。他のオンライン英会話スクールですともう少し慎重に講師を選ばないとどんどん無駄な費用が掛かってしまうことになります。

 

ちなみに現在の私のお気に入りの講師はランキング8位のV先生です。

 

2016/12/23追記
現在、講師の評価の仕方は★の数の5段階評価のみとなっています。
生徒側からは★の数で5段階評価できます。表示されている数字は星の数と評価数を加重平均した数値となっています。

 

それど当月と先月のキャンセル率が表示されるようになりましたが少しでもキャンセルのある講師はなるべくなら選ばないほうが良いと思います。何度かレッスンを受けたことがありますがやはり、そういう講師はレッスンもおざなりの傾向があります。

 

過去受講した講師との相性をこっそり記録する方法

以前はなかったと思うのですが最近は講師を選ぶ際にかつて受講したことのある講師でレビューを書いたことのある講師は自分のレビューを見ることができます。

 

たくさんレッスンを受けているとかつてレッスンを受けたことのある講師でもどんな講師だったか忘れてしまいます。

 

そんな時自分のレビューを読むことによって思い出すことができレッスンを受ける際の参考にできるので便利です。

 

あまり相性の良くない人ってどうしてもいますのでレビューを参考にして受講するかどうかを決めます。

 

本当は自分のメモを参照できれば良いのですがそれはできません。レビューは全員に公開されるのであまりにもひどすぎる講師以外はあまり悪いことを書けません。

 

そこで自分だけにわかる暗号を書きます。私の暗号は秘密ですが例えばドットを★の代わりにつけるとかです。

 

そうしておけば講師を選ぶ際に「この講師はあまり相性が良くなかったからやめよう」とか「結構相性よかったな」とか一瞬で知ることができ「しまった! この人あまり相性よくないんだよな」と後悔することがなくなります。

 

2017/01/07追記
わざわざ暗号を使わなくても簡単に自分だけがわかるように講師を評価をメモする方法がありました。

 

講師からメッセージがあったときはその下のメモに講師の印象を書いておくと講師名を入力しなくても後から講師名で検索することができます。このメモは自分だけが閲覧可能なので思ったことを正直に書けます。

 

そして稀にメッセージを残さない講師がいますがこの場合は[学習管理]の[メモ]のところに記入できます。この場合は講師名を入力しなければ講師名で検索できません。

 

それでは意味が無いので忘れずに講師名をコピペしておきましょう。メッセージを残さない講師はほとんどいないのですがそういう講師はレッスン内容も悪い場合が多いです。

 

しかし相性の問題なのか、評価は意外と高かったりすることもあるので注意が必要です。

 

今だけ7日間無料、回数無制限のネイティブキャンプを体験してみる

 

NativeCamp    コメント:3

ネイティブキャンプは子供に最適?

読了までの目安時間:約 8分

 

結論から言えばかなりお子様に適したオンライン英会話スクールと言えます。

 

ネイティブキャンプには最近まで特に子供用の教材もありませんでしたがそれでも10歳前後の子はチラホラ見かけました。どう見かけたのかと言いますとネイティブキャンプでは各講師の評価を見ることが出来るのですがそこで評価した人の性別と年齢が表示(登録してある人のみ)されるのです。

 

そのレビューを見ると英会話を楽しんでいる小さい子が結構いたので今の子はリーズナブルに自宅でネイティブに近い英語を学べるので羨ましく思ったものです。大人になってからは区別するのが困難と言われているLとRの音の違いなども身につけることが出来て良いですね。

 

そして最近はネイティブキャンプでも子供用のテキストが用意され(市販品)子供担当の講師もいるのでこれからお子様の受講生も増えていくことでしょう。

 

フィリピン人の英語は欧米人とは違うのでダメだという人も中にはいますがそんなことはないと私は考えます。欧米人にしてもアメリカとイギリスではかなり発音が違いますしアメリカ人に限っても地域によって随分違うと言われています。

 

ネイティブキャンプのフィリピン人講師の方でLとRの音の違いがわからない方はいないのでネイティブの発音を学ぶのに十分効果的と言えるでしょう。

 

子供の場合優しい先生と楽しく会話できれば自然と英語力は身について行くので一日何度でも受講できるネイティブキャンプは小さいお子様にうってつけのオンライン英会話スクールと言えるでしょう。

 

テキストの評価も高く楽しそうです。アマゾン↓でレビューが見れます。

Let's Go: Fourth Edition Let's Begin Student Book with Audio CD Pack

 

カランメソッドは小さいお子さんにより効果的

また、ネイティブキャンプの「売り」のひとつでもあるカランメソッドはあらゆる年齢で有効と言われていますがやはり、小さいお子さんほど効果は大きいと考えます。

 

まだ、数回しか体験していませんがカランメソッドは英語の反射神経が鍛えられるので小さいうちであればより一層「英語脳」ができやすいと思いました。

 

最初、始めるにあたって中1程度の英語力は必要だと思いますが小さいお子さん(私が思うには小1以上)の親御さんはネイティブキャンプで相談してみると良いと思います。

 

私は遅ればせながら最近体験しましたがこれは子供のときに実践すればかなりの確率で帰国子女並みの英語力がつくのではないかと今の子供を羨ましく思いました。

 

入会前にでもネイティブキャンプのサイトではチャットまたはヘッドセットがあれば直接日本語でもカウンセラーに質問(午前9時~午後9時)できます。小さいお子さんをお持ちの親御さんは相談してみると良いでしょう。

 

無料カウンセリングはこちら↓からできます。(サイト上部の[講師を探す・予約]タブから選べます。)

ネイティブキャンプの無料カウンセリング

 

講師の評価基準が子供目線

ネイティブキャンプの教師の評価項目には次の5つがあります。
・フレンドリー
・指導力(かつてはスパルタと表示されていました)
・面白い
・丁寧
・笑顔がすてき
これらの評価項目は「指導力」を除いてどれも学習のモチベーションアップに直結する内容です。大人にとってももちろんモチベーションは重要です。しかし、大人ならある程度自分でコントロールすることが可能ですがお子様の場合なかなか難しいです。

 

そこで誰かが「やる気スイッチ」を押してあげる必要があります。その役割を果たすべき一番目の人はもちろん親御さんですが二番目は講師ということになります。そんな講師の人がフレンドリーで面白く笑顔が素敵ならば子どもたちの英語の学習意欲がアップすること間違いなしです。

 

したがって教師のこのような項目を重視しているネイティブキャンプは子供に適したオンライン英会話スクールと言えるでしょう。

2017/01/22追記
現在の評価の仕方は単純な★*5の5段階評価となりました。

 

おおげさに褒めてくれます

外国の人からすれば普通なのかもしれませんがなかなか日本人には真似のできない褒め方をしてくれます。

 

ここでも書きましたがネイティブキャンプキャンプの先生はたくさん褒めてくれます。子どもを「英語でほめて」育てよう〈CD付き〉にも書いてあるようにお子様をほめてあげることは英語の学習に効果があるのみならず情操教育にも良いことは間違いありませんん。

 

日本人ですと照れもあって自分の子供でもあまり大げさに褒める親は少ないですがネイティブキャンプの先生はかなり大げさにほめてくれるのでお子様には良い影響が期待できます。いくつかオンライン英会話スクールは受講しましたがフレンドリーでよく褒めてくれる点ではネイティブキャンプはNO1だと思います。もちろんその他の点でも満足しています。

 

ネイティブキャンプで英語に親しんでいたら学校で英語好きになること間違いないですね。私が子供に戻れたら必ずやりますね(笑)。

 

受講の仕方としましてはやはり大人の場合と同じようにテキストを予習してからレッスンを受けるのが効果的だと思います。お子さんが自分で調べるのが良いでしょう。

 

このテキストには日本語訳は付いていないのでネットで調べて日本語に訳してから受講するのが良いでしょう。私は、はるか昔、小学生の頃、中1の英語の教科書を英和辞典で調べて訳していたら中学になって英語が得意になりました。

 

やはり、この頃の記憶力は今と比べて格段に良かったですね。ホントよく例えられるように乾いたスポンジが水を吸収するようにすんなりと記憶できた覚えがあります。

 

ただ、残念だったのは当時はまだリーズナブルにネイティブの音声を聞くことは出来ませんでした。したがって発音や聞き取りはいまだに苦手です。

 

たった5千円/月程度でオンラインで英会話を好きなだけ楽しめる今のお子様は幸せですね。

 

P.S.
当初よりはだいぶ短くなりましたが一週間無料レッスン受け放題のキャンペーンは他のオンライン英会話スクールとくらべても最長なので試さない手はないでしょう。無料お試し期間は2ヶ月→1ヶ月→1週間と次第に短縮されてきました。いずれは他社と横並びになると思われます。

 

 

NativeCamp    コメント:0